top of page
  • 執筆者の写真靖宏 河畑

不動産テックセミナー受講中

9月6日から不動産テックセミナーを受講しています。課題は国土交通省の千葉県の不動産取引の資料から線形回帰モデルを作ること。

不動産取引は土地だけ、建物付き、マンション、農地、山がごっちゃになってる。


取引時点は四半期刻みの文字列だ。


建物の建築年は和暦の文字列で、おまけに元年もある。


マンションの取引は最低が数百円台!!!


欠損値もいっぱい。いわゆる汚いデータです。


不動産の取引はいろんな事情を含んだものが多く、もとから分散が大きいのであまりいいスコアは期待できないけど、金曜の講評に向けてブートキャンプ状態です。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page