top of page
  • 執筆者の写真靖宏 河畑

令和4年地価公示が発表されました。

令和4年の地価公示が発表されました。

全県分のデータはこちらから。

さて、金沢市も例に漏れず若い層の人口は減少し始めていて、マイホームを購入する需要者の絶対数は減っているのに、住宅地価格は上昇しているところが多いです。


令和4年地価公示(石川県)
.pdf
Download PDF • 199KB

取引件数が増えているのかというと、減っている。一番下の2つのグラフのうち、青い線が住宅地の取引件数と取引価格の平均を表していますが、実は消費税10%の頃からすでに取引件数は減少していて、それがコロナ後にガックリと減少しています。


金沢市の住宅地取引価格の平均と住宅地公示価格の平均はほぼ同じ線を描いているところを見ると、公示価格は実体にほぼ沿った結果になっていると言えるが、取引件数が減ったことはどんな風に作用しているのでしょうかね。




閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page