top of page
  • 執筆者の写真靖宏 河畑

金沢市周辺の公示地の価格が上昇する様子を可視化

金沢の住宅地価格も高くなったもんだ。でも昔々の不動産バブルの時はもっと高かった。

今となってはそんな時代があったなんて信じられん。


武家屋敷周辺なんて、道路めちゃくちゃ狭いのに坪当たり60万くらいはする。


いったいいつからこんなに上昇し始めたの?


可視化のためにアニメーションにしてみました。


金沢市の住宅地価格が最初に上昇したのは、2012年の彦三町。


2013年にも上昇地点が増えて、2016年あたりにから爆発的に増えていった様子が見ることができます。


赤が上昇、青が横ばい、黒が下落している地点を表しています。


2022年はガソリンとか食料品とかの値上げラッシュ。ここにお金を使うとローンを組む余裕が少しずつ減っていく。今年も住宅地価格は上昇するのでしょうかね。

閲覧数:19回0件のコメント

Comments


bottom of page