top of page
  • 執筆者の写真靖宏 河畑

服部神社・新穀感謝祭つまり収穫祭


今日は山代温泉の鎮守、服部神社で新穀感謝祭があります。

私、地域の氏子総代をしている関係で、地域を代表してお参りしてきます。

今年は収穫の時期に台風が来てヒヤヒヤしましたが、加賀市周辺では大きな被害はなかったようで、

人の手が及ばないところの力が働いたのかもしれません。心からの感謝を捧げてきました。

お参りに先立って、今年前厄を迎える年代が餅まきをしています。

この餅まきはおめでたではなくて、「自分の厄を皆さん少しずつ引き受けてね」、つまり

苦しみを広く浅くするという意味合い。餅を受け取るということは災厄も少し引き受けるということ。

さて新穀感謝祭ですが、氏子連はこんな法被で参加します。

今日はあまり寒くなくてよかった。

お参り自体は15分くらいであっという間に終わりました。

しかし、

氏子総代の仕事は、年末年始に向けてピークを迎えるのですが、自分の仕事の方も年末年始に向けて詰まってくる。

おまけに冬は日本海側のサーフシーズンだ(これを仕事と同列に扱っていいのか?)

今年の師走は忙しそうです。


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page