top of page
  • 執筆者の写真靖宏 河畑

服部神社の雪割り設置


服部神社でお正月の準備が始まりました。

まずはしめ縄の取り替え。

古いヤツを取り外して

新しいものを取り付けます。

しめ縄はことし初老を迎えた連中(1977年生まれ)が編んで飾ります。

これで完成。

次は雪割り。

神社の屋根というのはこの通りで、雪止めがないのでどんどん落ちてきます。

そうするとお参りに来た人が危ないのでn

簡単に言うと拝殿の入り口に屋根を取り付けます。

完成するとこんな状態。

これは大変な作業でした。

初老連中が頑張ってくれるからできたけど、高所での力仕事で私たちの世代になるともう無理。やれるかもしれないけど危険。 

落ちてきた雪が左右に割れるから雪割りというのかな?

全行程2時間、雨降りじゃなくてよかったけど、身体が芯まで冷えました。

おー寒っ、総湯行きます。


閲覧数:10回0件のコメント
bottom of page