top of page
  • 執筆者の写真靖宏 河畑

雪で鑑定評価ができない。


不動産の鑑定評価をするときは、対象不動産がどんな状態なのかを明らかにする必要があります。 市役所や法務局で確認できるものはいいのですが、現地でしか確認できないものもある。 例えば道路の幅員、田んぼと道路との高低差、隣地との境界。 今回の雪で全部埋まっていて見えません(確認できません)。 山林の評価というのもありますが、そもそも現地へ行けません。 いまやっているものも、現地の調査も納品も延期になっちゃった。 よわったなあ、下手すると3月中旬くらいまでまともに仕事できないかもね。 


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page