top of page
  • 執筆者の写真靖宏 河畑

インプラント手術を受けてきました


今年の春頃に一番奥の歯を抜いて、その跡地をどうするかを歯医者さんと相談していました。

なんか建物を取り壊して跡地をどう有効利用するか不動産鑑定士に相談するみたい。

で、結局義歯をインプラントすることにしました。

インプラント(implant:植え込む)は歯茎の下の顎の骨に基礎を作ってその土台の上に義歯を取り付ける手法。

基礎を作ってその上にビルを建てるのと同じ、また不動産がらみです。

いつものは医者さん

かとうクリニック

手術は麻酔をかけて行います(当たり前)。でもいつもの歯茎に注射するのではなくて、点滴で麻酔でした。

麻酔専門のドクターがきているので安心です。

手術自体は30分足らずであっけなく終了したのですが、手術中のことは麻酔の影響で記憶が全くない。

麻酔前後のこと、顔の上に緑色の布をかぶせられたところとか、手術が終わって手術室用の履き物を脱いでスリッパに履き替えたとか、はっきり憶えているのに、手術中だけ記憶ゼロ。

恐るべし麻酔専門医。

というわけで手術中は全く痛みなしでした。

その日の夜はチョット痛かったけど、痛み止めもらっていたので問題なし。

結果発表

こんな感じで基礎がしっかり埋め込まれてしまっています。

ひょっとすると、これって自分自身より寿命が長いかもね。


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page