top of page
  • 執筆者の写真靖宏 河畑

チーム・ストニーリバース、南西方面遠征の旅 1


本文を入力してください

毎年いつもお世話になっているサーフショップ、

Stonny River'sは毎年バリツアーを主催していて、今年は加賀市のサーファーが多く参加するとのことで、私も仲間に入れていただきました。

総勢15名の立派な団体旅行。

2月17日

友人の車に乗せてもらって、関空を目指します。飛行機が午前11時なので逆算して集合時間は午前2時半。

これに備えて夜は7時に就寝しましたが、こんな時間に眠れないって。

目つむってひたすら横になっているだけ。

あっ眠れたと思ったとたん目覚ましなるんだもんなあ。

ほとんど寝ていない。国内にいるうちに時差ボケ。

さすが道はすいていて、順調に、といっても3時間半かかりましたが、関空到着です。

チェックインの時システムが原因不明で停止して、一時どうなるかと思いましたが、15分程度で復旧。

あービックリした。

関空の搭乗口付近の建物構造はまるで体育館です。

空調などの設備を除くと建築費は意外と安いのかも。

どうしてもこんなところに目がいく鑑定士のサガ。

昼頃のフライトなので機内食がでます。

チキンカツ丼かな?ちょっと塩辛いです。

バリまで7時間くらいで、座り疲れます。

膝が痛くなってきた頃、ようやく到着です。バリはもう10年近くきていませんが、前回来たときに工事中だった新空港ターミナルが完成していました。

こっちは駐車場。外壁はちゃんと緑化されています。

明日からいよいよサーフィン、波は小さめの予報だけど、この時期にセミドライなしで入ることが出来るだけで、しあわせ。

すごい量のボード。私たちのグループだけでこれです。

お泊まりはレギャン地区の老舗の一つ

バリ・マンディラ・ビーチ・リゾート&スパ

(名前長い!)

このホテルはもう30年以上前に一回来たことがあって、当時は

バリ・マンディラ・コッテージ

という名前だったような気がします。

このあたりも昔の面影があります。古いという意味ではなくて、ちゃんと手入れして美しく保たれています。部屋の内部も改装となリファービッシュで古さを感じさせない。

要するにお金をかけるべきところにはかけていて、手抜き感がありません。

さて、明日からはいよいよサーフです。

今回はスゴいよ。



閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page