top of page
  • 執筆者の写真靖宏 河畑

Javaでアナログストップウォッチを作ってみた

普段Pythonばかり使っているもんだから、たまにJavaを使うとかなり使い勝手が異なって戸惑ってしまいます。とにかく調べまくらないと全然進まない。


でもせっかく習ったJavaなので、忘れない程度に保持したいことから、今回はアナログストップウォッチを作ってみました。


今回はGraphic2Dを使った描画の復習。たぶんこの程度のものは今どきの大学1年生や、プログラムが趣味の中学生でも作れるんだと思う。でもこの年齢で学習を始めても、とにかく進歩が遅い。この程度のストップウォッチでも暇を見つけてやっていたら、200行程度のコードを書くのに3週間もかかってしまった。


で、完成したのがこれ。

40年前にこれが作れていたらそれなりなのかもしれないけど、今の世の中じゃね。


何事も基本が大事なんだけど、ゴールは遠すぎて見えない。

閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page