top of page
  • 執筆者の写真靖宏 河畑

ニューボード試してみました


いよいよ待ちに待ったニューボードを試す日がやってきました。 風は弱いオフで申し分ないけど、波が厚くて割れそうで割れないちょっとイヤな感じです。 

割れても上の方だけタラタラッと崩れてショルダーがぜんぜん張ってきません。 こりゃ慣れないボードじゃ乗れないかな? 1インチ短くて1センチ狭くなっているのでパドルはほんの少しだけ辛いか、いや気のせいかもしれない。 要するにその程度の差、ほとんど同じといってもいいです。 ドルフィンは体積が少ない分ニューボードの方が楽。 肝心のテイクオフ。 ニューボードの圧勝でした。 滑り出すのが早いの何のって、いやあ今までと比べると異次元テイクオフです。 ボードは長さ、幅、厚み、体積などでそのスペックを表すのが一般的ですが、 ロッカーの強弱、最も厚みがある位置、テールの幅、アウトラインのカーブの強弱など、数値として表れないところで、こんなにボードの性格って変わるんですね。 今回のボードはロッカーはとても弱い、もっとも厚い位置は長さの中心より少し後ろ寄り、テール幅広め。アウトラインの曲線は弱め。 

これが短足胴長ライダーのボディバランスとたまたまバッチリの相性だったようです。 いや買って良かった、おかげでサーフィンが一層楽しくなりました。店置きボードも侮れないな。 


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page